関ケ原笹尾山交流館スタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島正則の陣跡

関ケ原 福島正則の陣跡
 福島正則(ふくしままさのり)は、武断派(ぶだんは)で有名な武将です。
 武断派とは、豊臣秀吉(とよとみひでよし)の元で、主に軍務(ぐんむ)に秀(ひい)でた武将の派閥(はばつ)のことです。
 対して、秀吉の元で政務(せいむ)に秀でた武将もいて、この派閥のことを文治派(ぶんちは)と言います。
 石田三成(いしだみつなり)は文治派の一人で、この2つの派閥の感情的な対立が、関ケ原合戦を左右する大きな要素の一つになりました。

 正則の母は秀吉の叔母(おば)、秀吉からすれば正則は24歳離れた従兄弟(いとこ)になり、小さな頃から秀吉に仕(つか)えてきました。
 武断派と文治派の対立、特に三成と反(そ)りが合わないために徳川側についたと言われますが、それだけではなかったという説もあります。
 秀吉に育てられた恩に報いようという気持ちが人一倍強かった正則は、秀吉の死後、秀吉に替わり強大な権力を持ちつつあった徳川家康(とくがわいえやす)を抑(おさ)えたいと、考えました。
 そこで正則は、秀吉恩顧(おんこ)の大名達が、合戦で功績(こうせき)を上げ、家康側の勢力を抑えることをねらって、家康に付いたとも言われます。
 こうして正則は家康側につく条件として、秀吉の子、秀頼(ひでより)を粗略(そりゃく)に扱わないと、家康に約束させています。
 正則は小山評定(おやまひょうじょう)では、並み居る武将に先駆(さきが)け、三成を討つことを主張し、ほとんどの武将も正則に同調し、京の方に西進(せいしん)することを誓(ちか)いました。

 正則は関ケ原合戦の日、宇喜多(うきた)隊に向けて先陣(せんじん)を切る予定でした。
 ところが家康直属(ちょくぞく)の武将、井伊直政(いいなおまさ)、松平忠吉(まつだいらただよし)に、先を越されてしまいました。
 急ぎ正則が命じ、福島隊も宇喜多隊に向って攻撃(こうげき)を開始しました。何度も引いては寄せと、壮絶(そうぜつ)な戦いをしたと言われています。

 正則は東軍勝利に貢献(こうけん)したことが大いに認められ、所領(しょりょう)は尾張清須(おわりきよす)20万石から、安芸広島(あきひろしま)49万8千石へと加増(かぞう)されます。
 しかしその後江戸時代になると、城の改築(かいちく)を無断(むだん)でやったと咎(とが)められ、大幅に減封(げんぷう)されて、信州川中島(しんしゅうかわなかじま)に移されました。
関ケ原 福島正則の陣跡

 陣跡碑(じんせきひ)は、春日(かすが)神社の境内にあります。
 そばには樹齢(じゅれい)8百年の杉の巨木(きょぼく)が、立っています。
 この木は、関ケ原町歴史民俗資料館(れきしみんぞくしりょうかん)に収められている関ケ原合戦図屏風(かっせんずびょうぶ)にも、描かれています。
樹齢8百年の杉の巨木 関ケ原 福島正則の陣跡

スポンサーサイト

南天満山・宇喜多秀家の陣跡

南天満山・宇喜多秀家の陣跡

南天満山・宇喜多秀家の陣跡、天満神社
 関ケ原合戦で、西軍の副大将であった宇喜多秀家(うきたひでいえ)の陣跡(じんせき)です。
 秀家は28歳で参戦し、最大の戦力を有する、西軍の主力部隊として東軍と戦いました。

 秀家は、美男子であったと言われ、義(ぎ)を非常に大事にする性格でした。
豊臣秀吉(とよとみひでよし)には小さい頃から可愛がられ、養子にまでなったこともあり、三成の西軍への誘いにすぐに応じました。
 秀家は1万7千という軍勢(ぐんぜい)を集めますが、戦う前からの家臣(かしん)との騒動(そうどう)で、戦力としては、急造であることを否定できませんでした。
 実質的に、西軍の大将的な役割にあった石田三成(いしだみつなり)は、秀家の「一命(いちめい)を捨ててでも働く」という変わらない覚悟(かくご)を知って、大変頼りにしました。

 この近くに、福島正則(ふくしままさのり)の隊はじめ、東軍の諸隊(しょたい)が怒涛(どとう)のように何度も押し寄せました。宇喜多隊は、戦いに慣れてないこともあり、時間がたつに従い苦戦していきます。
 秀家は小早川秀秋(こばやかわひであき)の裏切(うらぎ)りにより、敗戦が避けられないことを悟りました。「おのれ金吾中納言(きんごちゅうなごん)=小早川秀秋」と、小早川隊に突入しようとしますが、「再起(さいき)を図(はか)るのが大将」と家臣(かしん)に止められます。

 その後、伊吹山(いぶきさん)の東、さらに現在の揖斐川(いびがわ)町の方に落ち延び、大坂を経て現在の鹿児島県である薩摩(さつま)に逃(のが)れます。
 その後死罪はまぬがれましたが、八丈島(はちじょうしま)に流刑(るけい)となり、その地で83歳にて亡くなりました。

 秀家の陣跡は、南天満山の南麓(なんろく)、上の写真の天満神社の中にあります。
南天満山・宇喜多秀家の陣跡、天満神社

第3回笹尾山交流広場が開催されました!

7月28日に第3回笹尾山交流広場が開催されました!
今回は水鉄砲合戦

太陽の光がサンサンと降り注ぐ中、繰り広げられた熱戦の数々・・・・
いや~~~~~
盛り上がりましたね

詳しいイベントレポはまた後日お届けするとして。。。。


参加くださった皆様ありがとうございました
楽しんでいただけましたでしょうか


さてさて 8月の交流広場は8月18日(日)です
いつもより1週間早くなっていますので、ご注意くださいませ。

詳しくはまた後日

松平忠吉、井伊直政陣跡

関ケ原 松平忠吉、井伊直政の陣跡
松平忠吉、井伊直政の陣跡
 このブログから、関ケ原合戦の1日の主な流れに沿って順次(じゅんじ)、ゆかりがある陣跡(じんせき)や碑(ひ)などの紹介をしていきます。
 合戦は慶長(けいちょう)5(西暦1600)年9月15日、午前8時からはじまり、午後2時過ぎにほぼ戦いが終わったと言われています。

 戦いでは、先陣(せんじん)を誰がするかは、手柄(てがら)にこだわる戦国武将にとってとても大事です。取り決めではこの日は、福島正則(ふくしままさのり)と決められていました。
 ところが正則は、豊臣恩顧(とよとみおんこ)の武将です。
 徳川家の戦いなのに、がまんならずと、松平忠吉(まつだいらただよし)、井伊直政(いいなおまさ)は数十騎(き)を率い、福島の隊列(たいれつ)の横を通り、最前線に立ちました。
 そのまま、前面に布陣(ふじん)する宇喜多秀家(うきたひでいえ)隊に、鉄砲を撃(う)ちはなったのです。
 驚愕(きょうがく)した正則は、この鉄砲をきっかけに宇喜多隊に突入(とつにゅう)し、短くも長い一日は始まったのです。

 忠吉は徳川家康(とくがわいえやす)の四男で、この合戦で初陣(ういじん)を21歳で飾りました。
 直政は娘婿(むすめむこ)の忠吉を補助するため、一緒に行動しました。
 直政は赤備(あかそな)えと言われる、朱色(しゅいろ)の甲冑(かっちゅう)や軍旗(ぐんき)で装備する部隊を組織しました。
 徳川四天王(とくがわしてんのう)の筆頭(ひっとう)と言われ、家康にたいへん頼りにされた猛将(もうしょう)です。
 直政は合戦日の前から、西軍に付いていた武将を、東軍に寝返(ねがえ)させるための工作活動を行い、東軍勝利に多大な貢献(こうけん)をしました。
 彼らはこの地で戦った、家康隊の中の数少ない武将です。
 二人は負傷するも、最後まで奮闘(ふんとう)しました。
 二人ともこの時の傷が元で、早世(そうせい)したと言われます。

 陣跡は東首塚(ひがしくびづか)の敷地(しきち)内、JR関ケ原駅のすぐ近くにあり、トイレがあります。
 近くの関ケ原町歴史民族資料館(れきしみんぞくしりょうかん)に、駐車場があります。
関ケ原 松平忠吉、井伊直政の陣跡 あじさい

関ケ原町歴史民俗資料館のご案内

R0033081_20130301120337[1]
関ケ原町歴史民俗資料館の外観。冠木門(かぶらぎもん)をくぐって、さあ入館です。

 関ケ原町歴史民俗資料館は、JR関ケ原駅から徒歩8分。徳川家康最後陣地のある陣場野(じんばの)公園の北東にあって、関ケ原古戦場めぐりの拠点(きょてん)としても絶好の場所に位置しています。
 館内には、合戦当日の戦況(せんきょう)の変化が一目で分かるジオラマ(音声による解説あり)や、同館所蔵の「関ケ原合戦図屏風(せきがはらかっせんずびょうぶ)」のレプリカをはじめ、甲冑(かっちゅう)・大筒(おおづつ)などの武具(ぶぐ)、関ケ原合戦にまつわる文書(もんじょ)などが展示されています。また、関ケ原宿(せきがはらしゅく)をはじめとする町内の宿場(しゅくば)についての展示も見ることができます。
 併設(へいせつ)のミュージアムショップでは、参戦武将のオリジナルグッズや当地自慢のおみやげ物を購入することができます。レンタサイクルの貸し出しも行っていますので、自転車で古戦場を巡(めぐ)りたい方はぜひご利用ください。
 なお、関ケ原町歴史民俗資料館の位置・開館時間・入館料その他の詳(くわ)しい情報をお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。

ツイッターはじめました☆

関ケ原笹尾山交流館ツイッターはじめました☆
よろしく願いします♪

https://twitter.com/sekigahara2013

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。