FC2ブログ

関ケ原笹尾山交流館スタッフブログ

3月23日、中井均先生ツアーの現地確認に松尾山と南宮山に行ってきました③

近年、山城の調査・研究の蓄積がなされ、ファンが増えています。
中井先生に直接会ってお話を聞いたり、講演やテレビ放映などで、山城の面白さに気付いた方は多いと思われます。



三宅 唯美・中井 均編「岐阜の山城ベスト50を歩く」に、三成は合戦からさかのぼること一カ月以上前、8月10日に、大垣城主の伊藤盛正に、長くつかわれていなかった松尾山を再整備するように指示し、城の守備にもあたらせていたと考えられる、とあります。


本当はどうなのか、現地に残る遺構を考えて推理してみましょう。
こうしたことがわかってきたのは、山城の研究が進んだ最近になってのことです。
関ケ原合戦の定説が、現地調査によって変わって行く可能性がまだまだ残っています。




関ケ原合戦 中井均先生ツアー 松尾山と南宮山
秀秋が登った平尾地区方面から登る林道。


次に南宮山に行きました。

車から降りると、同行した旅行会社のツアー担当の方は、リュックを背負っていました。
びっくりして聞くと、「現地確認してきま~す」と、元気にお一人で登って行かれます。



私は先約があるため、残念ながら一緒に登らないで笹尾山の事務所に引き返しました。

お疲れさまでした。
カッコーツアーのホームページには、その時に撮った写真が掲載されています。




毛利秀元跡は、合戦前の9月7日にこの地に着き、9月15日までの1週間、短期間に陣城を構築しました。
合戦前、陣城としては何も無かったようです。


上に登ると、素晴らしい眺めが得られます。
陣跡には、高性能な双眼鏡が置いてあって、利用することもできます。

大垣城をはじめ、岐阜城、清州城方面など、関ケ原合戦に由来がある城、濃尾平野が一望できます。
ぜひ体験してみてください。
秀元の身になって、気づくものもあります。

南宮山の陣跡まで登るに、少し骨が折れます。
みんなで登れば怖くない。



関ケ原合戦 中井均先生ツアー 松尾山と南宮山
秀元参戦を抑えた、吉川広家の陣跡の前。
この日は、近くの不破高校生がランニングをしていました。
左端に見えるのは、吉川広家の陣跡を示す案内板。



関ケ原合戦 中井均先生ツアー 松尾山と南宮山
以前に登った時に撮った、秀元の陣跡から見た写真。
右端にあるのは双眼鏡。カバーを外して無料で使うことができます。
使った後、みなさんカバーを戻されています。



秀元陣跡に登る途中、林に入る前に、安国寺恵瓊の陣跡を示す表示板があります。
実際の陣跡はここになく、東蛇溜池にそって歩き、ややけわしい道を上がった所にあります。
少しわかりづらい所です。
団体で行くには少し無理があるので、ここはツアーでは遠景とさせていただきました。

興味がある人は、中井先生作成の縄張図と解説が、『岐阜県中世城館跡総合調査報告書』の第1巻「西濃・本巣」P124にあります。
他にこの報告書には、関ケ原合戦の関係で長宗我部盛親、大谷吉継の陣跡も掲載されており参考になります。

関ケ原合戦 中井均先生ツアー 松尾山と南宮山 安国寺恵瓊陣跡
安国寺恵瓊陣跡の表示板

一日に山城を二つ登るツアーですので、体力がある方、ぜひご参加ください。
残る席、あとわずかと申し込み担当者に聞きました。

関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する