FC2ブログ

関ケ原笹尾山交流館スタッフブログ

まっつんです(*^_^*)

はじめまして 
まっつんです(*^_^*)

笹尾山交流館では最年長なので、落ち着いて書こうと思っています

最近、ブログで関ケ原古戦場史跡散歩を書いている関係などで、関ケ原町内の山に登ったり、史跡に行ったりする機会が多いです。

もともと濃い顔つきですが、外歩きと、イベント準備、駐車場でのアイスクリーム売りなどで、さらに濃い顔つきになっています。(^_-)-☆

家族が私の写真を友人に見せると、日本人には見えないと言われます。
私は暑さに比較的強い方なので、南方から移り住んで来たと信じています。
それでも今年は、そうとうバテました……^_^;

関ケ原 笹尾山交流館 かかし
水鉄砲のイベントでつくった「かかし」です。(=^・・^=)


山を歩いていると、蚊に刺されたり、ダニも……います。 

今の季節、ヒルも山には居ます。 

歩いている途中はたくさんの発見があって、夢中で、帰ってから気づくことも多いです。
関ケ原には、虫対策をすれば軽装で登れる山がたくさんあります。
もちろん、笹尾山や松尾山、また大谷吉継の墓はおすすめです。



ブログについては、歴史関係となると難しい(私にとって)漢字が多いので、資料を見ても意味がわからないことがよくあります。(T_T)
恥ずかしいです。
さらに時々書き間違えがあって、直しをしなければいけないことがあります。
日頃の日本語の不勉強が、日々、露呈していますm(__)m
今後も間違いがなく書けるかどうか。
きっと、何とかなるでしょう(-_-;)


これまでたくさんの研究者が、関ケ原合戦について研究しています。
ブログで史跡について、何か書くことがあるのかしらと、毎回そんなことを自問自答しながら書いています。

一つだけ確かなことは、笹尾山交流館がある地は、もっとも激しい戦いがあった地です。
そんな所だから、ここにいることで、何かを教えてくれるのでないかなーと、思っています。
 (最後は神頼み?)

関ケ原町には、400年以上昔の情感に浸れるところが、まだまだたくさん残っていることが自慢です。
そんな歴史的な地で働けることが、ほんとによかったなーと思っています。

そして毎日、妄想しています。
妄想って楽しいです。


また関ケ原盆地は、天気、時間によって、見せる表情は様々です。
出勤日に、決戦地がどんな景観になっているか、楽しみです。

史跡に、花が添えられたり、掃除をなされたりしているのを見ると、今も町の方々が歴史を大切になさっておられるのだなと、ほっとする気持になります。

北国街道や中山道、伊勢街道、九里半街道など、関ケ原町にはたくさんの街道があって、歩いていると旧街道は起伏があり、緑が多い落ち着いた町並みと、変化していく景観が、楽しいですよ。


次回はケーキやお菓子など、差し入れがうれしい、笹尾山交流館の母上でもあります阿茶さんです。
よろしくお願いします。

画像 010-1 (6)_R
決戦地の夕焼け



関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する