関ケ原笹尾山交流館スタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脇坂安治陣跡

R0033040_R.jpg
大谷吉継陣跡と松尾山(小早川秀秋陣跡)の中間に立つ脇坂安治陣跡碑。

                             

脇坂安治(わきざかやすはる)は、朽木元綱(くつきもとつな)・小川祐忠(おがわすけただ)・赤座直保(あかざなおやす)らとともに、東軍に通じていることが疑われていた小早川秀秋に対する備えとして、秀秋が陣する松尾山の北麓に布陣していました。
しかし、小早川隊が反応すると、それに応じるように、脇坂隊をはじめとする四隊も相次いで東軍に寝返りました。この反応によって、本合戦の東軍の勝利が決定的になったことは広く知られるところです。
安治は本心では徳川方に味方したかったようです。しかし、石田方に妨害されてやむを得ず西軍についたとされ、家康もそのいきさつは了解していました。その場で日和見的に寝返った他の三将が改易等の厳しい処分を受けたのに対し、安治は所領を安堵されたばかりか、後日、相当の加増を受けています。
一方、後年に勃発した大坂の陣では中立を保ち、徳川幕府からその本意を疑われたりしています。
賤ヶ岳の合戦では「七本槍」のひとりと言われたほどの安治です。上述した大坂の陣をめぐるエピソードも含めて考えると、戦国武将らしい気骨のある、一本筋の通った人物だったのではないかと想像します。

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。