FC2ブログ

関ケ原笹尾山交流館スタッフブログ

関ケ原に残る山城

関ケ原町内の山城というと、まず思い浮かぶのは松尾山城でしょう。
松尾山城は、東山道(のちの中山道)を扼する位置にあり、織田信長の侵攻に備える浅井氏の境目の城として機能していました(実際は織田方の調略により戦わずして開城しています)。



松尾山城はその後、境目の城としての役割を終え、廃城となっていましたが、関ケ原合戦に先立って、西軍の総大将毛利輝元の陣地とすることを想定して修復・拡大されました。
結局、輝元は大坂城から動かず、代わりに陣取ったのは、東軍への内応を疑われていた小早川秀秋でした。



松尾山城には、曲輪や土塁、堀切などの遺構がよく遺されていますが、中でも圧巻なのは、主郭の入口に築かれた枡形虎口(ますがたこぐち)です。
突進してくる敵兵を土塁で防いで立ち往生させ、一斉に攻撃する仕組みになっています(下写真参照)。

下剋上の時代が終わりを告げることによって、城の持つ機能は大きく変化しましたが、ここに紹介した松尾山城をはじめ、戦国時代の山城にいわく言い難い魅力を感じるひとは、決して少なくないようです。

関ケ原合戦 松尾山 枡形虎口
松尾山城跡の枡形虎口

関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する